現代病「スマホ巻き肩」!巻き肩に良い枕を使って改善の近道へ!

巻き肩に良い枕や自分に合う枕

2018年11月26日 14時11分


巻き肩に良い枕を使用する効果とは?
巻き肩で悩んでいる方は、現在どのような枕を使って寝ていますか?
基本的に巻き肩に良い特定の枕と言うのは無いのですが、自分に合う枕を使用する事で巻き肩の改善の近道になります。
【巻き肩に良い枕を使用する理由】
巻き肩に良い枕を使用する理由には、巻き肩の原因は姿勢の悪さにあります。
寝ている時に正しい寝姿勢で就寝する事によって、身体に正しい姿勢を覚えさせる事が出来ます。
また、普段私達が就寝している時と言うのは身体の歪みを寝返りによって自然に改善使用としており、寝ている時の姿勢はとても重要なのです。
なので、巻き肩で悩んでいる方と言うのは自分に最適な枕を使用する事が大切で、巻き肩に導いてくれる優秀なアイテムと言えます。
【巻き肩が枕で改善出来る理由】
巻き肩になっている方は、巻き肩が原因で姿勢が猫背になっており、巻き肩や猫背の状態をしっかり改善していくには、起きている間の姿勢はもちろん就寝中の姿勢の状態もとても重要になのです。
私達人間は人生の約3分の1は睡眠時間言われています。
睡眠は身体の健康を維持する為にも大切で、平均5~6時間程度私達は睡眠をとっています。
この長時間睡眠をとっている間と言うのは、巻き肩や猫背にも深く関係してきます。
例えば、自分が現在使用している枕の高さが合っていない場合、首や背骨のカーブが不自然な姿勢の状態のままで就寝している事になります。
不自然な姿勢の状態のまま日常的に就寝していると、巻き肩や猫背は改善されず、むしろ身体をさらに歪ませる原因を作っています。
枕の高さの他にも、枕の固さ・素材等にも気を付けてみる事もポイントです。
このようにして、自分の身体に最適な枕を使用する事で首や背骨等の歪み改善に繋がり、巻き肩や猫背の矯正を就寝中に行う事が出来ます。
就寝している長時間に矯正を行う事によって、効果的に身体に正しい姿勢を身に付けさせて、正しい姿勢が維持出来るようになっていきます。

自分に合う枕の選び方とは?
巻き肩や猫背を改善していくには、就寝中も正しい寝姿勢で練る事が大切でしたよね。
その為には、なるべく正しい寝姿勢が維持出来る、自分にあった高さの枕を使用する事がポイントになってきますが、枕の高さ調節が出来るタイプや、
枕に頭を乗せる事で適切な高さへと自然に収まるタイプの枕を選ぶ事がお勧めです。
他にも、肩から下の部分もしっかり支える事の出来る大きいサイズの枕や、頭をしっかり支える事が出来る形状を選ぶ事もお勧めです。
【注目のオーバーハング構造枕】
オーバーハング構造枕は、巻き肩や猫背方に今注目されている枕です。
フィット感のある枕として低反発枕は皆さんもご存じかと思いますが、オーバーハング構造枕は特許取得の今までにないフィット感で頸椎を安定させ、
首に負担のかからない新構造枕となっています。
低反発枕では枕の形状が固定されてしまう事がありますが、オーバーハング構造枕は枕の形状が固定される事無く、就寝中も柔軟に寝返りする事が出来ます。

まとめ

巻き肩は現在の私達の現代病として90%はその予備軍であると言われています。
巻き肩には身体の姿勢改善を行う事が大切になり、日常生活の中で身に付いてしまった巻き肩の姿勢を直していくには、
就寝中のケアも重要である事がお分かり頂けたと思います。
巻き肩でお悩みの方は、是非、巻き肩に良い就寝枕を使用して、悩みを改善していきましょう。